連絡先

株式会社 NSレジデンス
〒890-0066
鹿児島県鹿児島市真砂町12-1
TEL 099-259-1011
FAX 099-286-6162
info_nissyo-r@nissyo-r.com

Nissyoのこだわり

安心家づくりに対する取り組み

多様化するニーズの中で、個性あるライフスタイルを実現したいという欲求は、以前にも増して強くなってきています。
一方で、欠陥住宅の問題など、これから家をつくる人にとっての不安要素も増しています。
NISSYOでは「安心で透明な家づくり」を行うため、4つ『安心』に取り組んでいます。

1.性能評価書がついた「性能・品質が見える家づくり」

設計時に決めた性能・品質を実現し、国の認定を受けた評価機関による「性能評価書」をお付けします。

※性能表示制度について詳しくはコチラ

つまり、NISSYOでは、下記の作業で、全て可視化しています。
1.『設計性能評価書』 ねらいの品質(設計の品質)として、品質のつくり込みを記載した設計図書を作成する。
2.『職人自身による自主チェック』&『現場代理人(監督)によるチェック』 つくり込む品質(工事の品質)として、設計図書どおりの施工を行う。
3.『図面を書いた監理建築士によるチェック』 設計図どおりに施工されているかをチェックする。
4.『建設性能評価書』 第三者機関(国の性能評価機関)によるチェック及び公式検査済証の発行。

全棟住宅性能評価書付!
鹿児島県の第三者性能評価機関の検査員(1級建築士)が、現場の進捗に併せて計4回の現場検査を行います。設計図・仕様書で決められた材料が、決められたとおりに使われているか、施工されているのか等を、所定のチェックリストに基づき工程毎に専門家が現場を検査・判定するので安心です。

全棟住宅瑕疵保証制度登録!
10年間の瑕疵保証を致します。住宅の品質確保の促進等に関する法律では、10年の間に瑕疵(かし)が発生した場合に住宅の供給者が修理を行うことが義務付けられています。住まいの欠陥は建ててから出てくるのがほとんどですが、nissyoでは、工程に併せて住宅保証機構の検査を受けるため、未然に欠陥住宅を防ぎます。

2.坪単価ではなく積算明細のついた「価格の見える家づくり」

坪単価や一式いくらではなく、資材の1つ1つに至るまで積算明細をご説明いたします。

NISSYOでは、お見積り内容を全てOPENにしています。

建築材料は、上手に施工されなければ足りなくなります。かといって余分に調達すれば、見積が高くなり、廃材処理費も増えてしまいます。
○○工事一式といった見積では、何にどのくらいの費用が発生しているのか不明確です。家づくりをする上で必要な価格を詳細まで明確にします。

一生に一度の大きな買い物。自分の創りたい住まいには、何がいくつ必要で、いくらかかっているのか?私共は積算内容、見積り明細を明確に提示いたします。

3.WEBカメラから「建築過程・職人の顔が見える家づくり」

お施主様専用ページから、WEBカメラでの24時間(日が暮れると見えなくなるカメラもあります)
ライブ中継をいつでもご覧いただけます。

NISSYOでは、お客様の現場へ1〜4個のWEBカメラを設置させていただきます。これは、私共をはじめ、設計者・大工・専門工事業者・資材供給業者など、工事にかかわるすべての関係者が現場情報を共有し、作業効率をUPさせる目的と、お客様自身に、現場を見ていただきたいからです。
これにより、現場でのムリ・ムダ・ムラを解消するだけでなく、お施主様にもパスワードをお渡しすることで、透明な現場管理のもと、お施主様も現場の一員として家づくりに参加いただけます。
現場に設置したWEBカメラでは、現在どこまで工事が進んでいるか?どんな職人さんが携わってくれてるか?など、現場の様子をいつでもご覧いただけます。

4.生産履歴の保存による「住むほどに価値が増大する家づくり」

品質、性能、建築過程の記録が「電子カルテ」として正確に残る為、メンテナンスが容易に行えます。

NISSYOでは、『性能・品質』が見えるにもありましたが、工程過程で、きめ細かく現場検査をおこない、確認して、現場の画像・情報として保存します。

これらの住宅の履歴は、住宅の性能の証明であるとともに、あたかも車両における車検証のように本来は必要なものです。
1. 10年瑕疵保証の工事履歴
2. リフォーム・メンテナンス時の資料
3. 産廃法対応のリサイクル・分別解体時の資料
4. 中古性能評価・中古流通時の資料・・・など資産価値を高めてくれる資料です。

なんでも公開、安心の住宅履歴カルテ

NISSYOの『住宅履歴カルテ』は、施行状況を24時間ライブ中継するWEBカメラをはじめ、お施主様との打ち合わせ内容の議事録、工程表、仕様書、各種設計図面、現場地図、工事進捗状況に応じた検査記録としての住宅カルテなどから構成されています。
工事進捗中はもちろん、お引渡し後も住宅にかかわるあらゆるデータを、いつでも確認することができます。住宅のメンテナンスにも役立ちますし、いわば"車検証"のようなものです。生涯、もっとも高額であるといわれる住宅の生産履歴はきちんと残しておきたいものです。当社で施工中のお客様には“お客様パスワード”を発行致します。

【耐震性】【耐風性】への自信

【1】1.25倍の耐震性を標準確保!
数百年に一度程度(極めて稀に)発生する地震力を「1」とすると、その地震力の『1.25倍』の力に耐えます!
※地震力「1」とは、関東大震災・阪神淡路大震災等の震度6強〜7程度に相当

【2】全棟必ず構造計算を義務化!
柱、梁、筋交等の材木の1本1本を構造計算にて算定しています。また、構造用木材は全て含水率20%以下の強度の高い乾燥材を使用!

【3】もちろん耐風性にも自信!
近年は、台風の大型化が顕著。ここ鹿児島では、耐震性に加えて耐風性も非常に重要です。nissyoでは、耐風性も『1.2倍』!! つまり、極めて稀に発生(500年一度)する暴風でも倒れない性能です。耐風等級は最高等級の『等級2』をクリア!

大切な基礎部分には、頑強なべた基礎工法を採用! 配筋検査も徹底的に!

もちろん、着工前には地質調査を行います。その結果に基づき、地耐力に応じた基礎の設計〜施工と行っていきます。

大切な家を守る材木。nissyoでは、1棟1棟、コンピュータにて構造計算を行い、安全性を高めています!

←木造の3階建てにも自信が有り! nissyoでは、お客様の個性を活かせる自由設計の家づくりを行います。

※あなたの建てる木造住宅は、林業と住宅産業を連携させ、山を守り、森を育て、地球温暖化防止に役立ちます

省エネルギー性・耐久性へのこだわり〜「夏は涼しく、冬は暖かい」家をつくりたい…これは自然な要求です!〜

【1】断熱・気密性能にも高い気配り!
内断熱工法を主とし、家全体を断熱材で包みます。また、気密性能は高めつつも、お部屋の空気は循環させています。お部屋の空気環境も考えながら、断熱・気密の性能を高めています!

【2】もちろんペアガラスを採用!
高い断熱性能にプラスでペアガラスを採用。室内の熱を逃がさず、もちろん、結露発生を大幅軽減! 省エネルギーとして、光熱費負担の軽減を促進!

【3】家全体も呼吸させよう!
外壁通気工法にて、壁体内に通気層を設けます。この通気層で、外部からの直接的な暑さ・寒さから室内を守り、内部結露や雨水の侵入・壁内部の湿気を防止します。耐久性を高めていきます!

【4】もちろん、床下も通気を確保!
外壁通気工法にて、壁体内に通気層を設けます。この通気層で、外部からの直接的な暑さ・寒さから室内を守り、内部結露や雨水の侵入・壁内部の湿気を防止します。耐久性を高めていきます!

【5】おっと、シロアリ対策もお忘れなく!
外壁通気工法にて、壁体内に通気層を設けます。この通気層で、外部からの直接的な暑さ・寒さから室内を守り、内部結露や雨水の侵入・壁内部の湿気を防止します。耐久性を高めていきます!

【6】当たり前のシックハウス対策!
内装建材等は、ホルムアルデヒドの飛散がほとんどない材料(原則:F★★★★)を使用! また、室内外空気循環を24時間換気システムにて配慮! 家族全員が健康で暮らせる住まいを御提供!

天井・壁共に高性能グラスウールを採用。また、床にはポリエチレンフォームを敷き詰めます。

ペアガラスを採用し、結露発生を軽減。更に断熱性能の高い樹脂サッシへの対応も出来ます。もちろん、雨戸も断熱雨戸を採用!

様々な方法で、家の中、壁内、床下と換気を行います! 除湿効果と耐久性をUPさせましょう!

シロアリ対策も重要!